インフルは恐怖…

夜中に高熱になって、約40℃に上がって体調が悪かったので、病院にかかりました。
先生はインフルエンザかどうか調べられますよと尋ねられました。
もし、インフルエンザに感染していたら、適したお薬を接種できるので、確認したいと考えました。

赤ちゃんがインフルエンザに侵されたら、きわめて大変なことになりかねません。
まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザの高熱に体が耐えうるのかが案じられますし、結果、インフルエンザで死亡することも無きにしも非ずでしょう。
インフルエンザが蔓延している時には、赤ちゃんを外に出さない方が打倒かもしれません。

1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザといったものに感染をし、発熱を起こした後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症となります。
インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残るケースもあるのです。
実はインフルエンザの予防ためにいいといわれているものに乳酸菌があります。

およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹患する子供の人数が大幅に減少したというコンテンツを見ました。
娘がちょうど受験の時期だったので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。
乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。

私が便秘になったのはなぜかというと、運動不足にあるのだと思います。
毎日の通勤手段も車なので、ほとんど歩く事もありません。
犬などのペットがいるわけでもないので、散歩にも行きません。

そのような生活のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。
便秘の改善や予防のためにも、ウォーキングを今日から始めることにしました。
アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、よくなるかもといわれています。

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体が発生します。
ただ、このIgEが多くの数発生してしまうと、過剰反応を起こしてしまい、アレルギー発生につながっていきます。
アトピーを起こす原因とされていますが、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。

私には乳酸菌サプリと言えば、やはりビオフェルミンです。
まだまだ子供だった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢や腹痛の時でも、いつだって私のお腹を守り続けてくれていました。
CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、効果を実感できる乳酸菌サプリは、やはりビオフェルミンなのです。

今、便秘に効く食べ物を毎日食べています。
それはバナナにヨーグルトです。
出来る限りですが、毎朝、頂いています。

食べている間に、便秘が好転してきました。
あれほど頑固で、ひどかった便秘が消失できてお薬を飲む必要がなくなりました。
現時点でポッコリしていたお腹も、痩せてきていて嬉しいです。

私はとても頑固な便秘に困っていたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。
効果があった対策は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。
教えてもらった、この方法で長年の便秘が治ったという話を聞いて、私も真似してみようとヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。

実践していくうちに、だんだん良くなってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。
母は深刻なアトピーです。
どうやら遺伝していたようで、アトピーになりました。

肌が荒れてしまって、日々保湿を欠かすことができません。
スキンケアをきちんとしないと、外出も厳しいのです。
母のせいではないですが、将来、私の子供にも遺伝する可能性があるのではないかと思うと、絶望的な気持ちになります。

アスミール 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です